なぜ日本人は英語が苦手なのか?

日本人は英語が苦手なイメージが大きいと思いますが、どうして英語が苦手なのでしょうか?

日本語と英語にはどのような違いがあるのでしょうか?

言葉には発音があり、強弱や音の違い、使わない音など色々な種類があります。

日本語は英語に比べて音程がとても低く、英語はその逆で日本語に比べてとても高いです。

音の高さが違うということは、日本語の音と英語の音を聞き取ることができなければ、発音をすることができないです。

つまり英語は日本人にとってとても聞き取りにくいことになります。

そのため、英語自体の音に耳が慣れていないため、英語を覚えたいと思っていても難しく感じてしまいます。

日本人が英語を苦手だと感じるのは仕方がないことなのです。

では少しでも英語の音に慣れるためにはどのような工夫をすればいいのでしょうか?

一つ目は英語の音に慣れることです。

英語の音に慣れると言っても、ただ聞いているだけではいけません。

英語がどのように発音されているのかを意識して聞かなければ、発音をすることが難しいからです。

また、聞いた英語の音を自分でも発音できるように練習をしなければなりません。

英語をせっかく覚えたのに使いこなすことができないことはとても多く、それによって諦めてしまう人もいます。

英語の学習においても、勉強していて使いこなすことができていないのは、実践で練習をすることができていないからです。

これができるようになれば、英語は自然と慣れることができるようになり、自然と発音をすることができます。

また、洋楽や海外ドラマなどを見る人は、英語の発音を意識して楽しむことも一つの方法です。

嫌なことから逃げたいと思うのは無意識に感じることが多いと思いますが、好きなことであれば、進んでやりたいと思う気持ちが強くなります。

特に英語を勉強するとなると、難しいことも多くなり、気持ちが沈んでしまうことが増えるでしょう。

趣味を通して英語を学ぶことで英語に慣れることもでき、さらに楽しむことができるのであれば進んで練習をしてみてください。

実践練習をするのであれば、英語カフェを利用して英語を学ぶ人達もいます。

英語カフェは1時間1000円程で、実際に外国人とフリートークや日常的な英会話を楽しむことができるサービスです。

実際に外国人と会うことができるようになるため、本格的な英会話を楽しむことができます。

しかしデメリットがいくつかあり、英語が得意な人と一緒の席になってしまうとその人が一方的に会話をしてしまうようなこともあって、英語初心者の方で英会話についていけなくなってしまう可能性が出てきます。

そうならないようにするためには、ある程度の英語力を事前に身に着けることが最優先です。

また、講師などを選択することもできるので、お気に入りの講師が人気だった場合、選ぶことができない場合もあります。

ですので、身近な友人に英語ができる知り合いなどがいれば、英語を教えてもらうのも一つの手段です。

英語ができる人を探すことは少し難しく感じてしまうこともありますが、SNSの普及もあって、自分と相性がいい人と仲良くなることも簡単にできるような時代となりました。

使い方次第では色々な外国人の人達とコミュニケーションをとることができるようになりますので、場合によっては簡単に英会話を話す環境を作ることができる状態もできるのです。

英語を話す機会を増やすことによって英語にどんどん慣れることができるようになりますから、進んで英会話ができるような人になりたいですね。

まずは苦手意識を拭うためにも、英語に慣れることから率先してください。

手ごたえを感じることができるようになればなるほど英語を好きになることができるでしょう。