英語が必要な仕事

「英語が必要な職業って何だろう?」と考えたことはありませんか?

通訳士とかなら分かるけど・・・他には?と考えたこともあるでしょう。

今回は英語が必要な仕事についてまとめてみました。

まずは英語初心者でも大丈夫なものからです。

・テーマパークのスタッフ

有名なテーマパークではよく、アナウンスで英語や中国語などで翻訳される言葉を聞いたことがあると思います。

外国人の観光地の中でテーマパークを観光される方がだんだんと増えてきているため、英語力が求められる人材が必要となってきています。

案内業務や日常会話もできるスタッフが求められています。

・日本料理店

日本料理店が!?と思う人もいると思いますが、日本料理が気になる外国人の観光客も増えてきており、英語力が必要となってきています。

英語初心者の方でもできる職業なので、気になる方はぜひチャレンジをしてみてください。

続いては、日常英会話ができる人がなれる職業です。

・英語教材の編集者

英語の教科書などは間違いがあってはNGですから、規定がとても厳しく、英語力が高い人が重要視されます。

編集者レベルになるとTOEICの点数は700点以上求められてしまうこともあります。

・コンパニオン

展示会やイベントショーなどで案内係やモデルとして活躍するお仕事ですが、日常英会話ができるレベルの人がとても需要が高いです。

なぜならば、展示会の訪問者に外国人の方が来訪することもあるからです。

意外な職業でも英語力が問われる時代になっています。

英語ができればできるほど仕事の視野をどんどん広げることができるようになります。

続いては海外で生活できるレベルの英語力を持った人達がなれる職業です。

・ホテルマン

外資系のホテルである場合、TOEICの点数が求められている可能性があります。

・秘書

主にメール処理やスケジュール調整などの業務を行う仕事ですが、近年においてはグローバル化が進んでおり、海外と交渉をする企業も増えてきています。

英語を話さなければならない状況もあるかもしれません。

続いてビジネスレベルになります。

・日本語教師

主な仕事は外国人に対して日本語を教える仕事です。

日本語教師になるためには、日本語教育能力検定試験に合格することが必要であり、日本語ができれば良いわけではなく、その国について幅広い知識も知ることができていなければなりません。

実際には英語力について問われることはありませんが、現地で教えるとなれば、英語力はとても多く必要になります。

・海外営業

海外現地で商談などの営業全般の仕事です。

英語によってコミュニケーションを取ることになりますので、英語のスキルはとても大きく必要になります。

英語を活かせる職業を簡単に紹介しましたが、色々な職業に英語力が問われる時代になりました。

この点において英語を勉強していればいるほど将来なりたい職業を見つけることができるようになると考えられます。

しかし、途中で分からなくなってしまう部分が出てきた場合、どう対処するかどうかによって英語力を鍛えることが難しいと判断してしまいがちです。

英語の勉強は難しいと感じることもあり、初心者の方は英語の勉強を辞めてしまう人も多いです。

ですが、英語は慣れることによって身に着けることができるようになりますから、継続的に勉強することができるようになれば、英語を覚えることはできるようになります。

日本の文化が好きな外国人はこれから先もどんどん増えてきていますので、さらに英語の需要は増えていくことになります。

さらに大きなイベントがあれば、外国人観光客も増えるため、需要は出てきます。

英語に苦手意識を持ち、できないと諦めていた人にはぜひもう一度英語の勉強に挑戦をして頂きたいと思っています。